バミューダトライアングルの日
2017.12.05
昨日は一日雨でしたが、今朝は気温も低い

  
1945(S20)年、大西洋上で、アメリカ軍機が

突然消息をたち、その救援機も同じ海域で行方不明となった。

以来フロリダ・バミューダ・プエルトリコの三点を結ぶ三角形の

海域は魔の三角海域「バミューダトライアングル」と

呼ばれるようになった。




昨日のニュースに

北朝鮮の核実験場周辺住民、原因不明の「鬼病」

広がる―米華字メディア

という見出しがありましたが、ヤッパリ放射線被曝でしょう。

 

又この記事も

中国尖閣攻勢は米にとって「日本の国難」との深刻な懸念

中国が日本領土である尖閣諸島に軍事がらみの攻勢を強め、

日本領海に自由自在に侵入している現実である。

日中間の軍事衝突の危険はすぐ目の前にある。

北朝鮮の驚異に比べ、中国の長期で大規模な対日攻勢は

ずっと危険度が高い。しかも尖閣での日中の

せめぎあいは米中戦争になりかねない潜在的な

危険性を秘めている。

そう言えばこの問題は国会等でもあまり議論されないし

ニュースでも大きく扱っていない。大変な問題だと思うのだが。
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeNote -